日本映画は面白くないか

 日本映画は外国映画と比較してあまり面白くないという発言や文章をよく見かけます。

 自分自身が日本映画を好きということもあるのですが、決してそんなことはないと思うのです。

 そもそも日本映画と比較する時の「外国映画」というのは何を指すのか。

 たいていの場合、日本で上映されたりソフト化された外国映画のことでしょう。

 世界中を旅しながら映画を見ている人の言葉なら別ですけど。

 世界中では無数の映画が製作されていて、日本に入ってくるのはほんのひとにぎりです。ハリウッド映画だって例外ではありません。

 映画祭や見本市などに出品された映画から、日本の映画輸入会社や配給会社が「これは日本人向きだ」「日本でヒットするに違いない」と判断したものだけが買い付けられて上映されるのです。だから日本で上映される「外国映画」を面白く感じるのは当たり前です。

 セレクトされたものだけを見てどっちがというのもフェアじゃないなと。

 そもそも「外国映画」という括りも今時なんだか変だと思いますが。

 そんなわけで、がんばれ日本映画!

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitter Basic Square