映画の本を買って読む

できるだけ新刊書店の店頭で本を選んで買うようにしています。

最近買って読んだ映画の本の中でお気に入りの三冊をご紹介。

石井妙子『原節子の真実』新潮社

鈴木義昭『「世界のクロサワ」をプロデュースした男』山川出版社

高槻真樹『映画探偵 失われた戦前日本映画を捜して』河出書房新社

高槻真樹『戦前日本SF映画創世記 ゴジラは何でできているか』河出書房新社

三冊とも映画史の中の伝説のようなものに囚われず、きっちり取材をしてあるノンフィクションです。

日本映画史に興味のある人にオススメ。

古本買取:映画の本を買って読む

特集記事