「恐怖の報酬 オリジナル完全版」を見た!

2018年、まだ終わっていませんが、今年は映画館には数えるほどしか足を運ぶことができませんでした。

見た中で最も印象に残ったのは「恐怖の報酬 オリジナル完全版」。

監督のウィリアム・フリードキン自らが最高傑作というだけあって、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーの「恐怖の報酬」も名作ですが、またひと味違った名作。

映画パンフレットも迷わず購入!

監督が編集し直した完全版には自己満足なのでは?と感じる映画も多くて、カットしたプロデューサーの判断の方が正しいのではないかと感じることもあるのですが、この「恐怖の報酬 オリジナル完全版」は「完全版」ができてよかったと思える例でした!

特集記事